So-net無料ブログ作成
連絡事項 ブログトップ
前の10件 | -

干支繭「酉」講習会のお知らせ [連絡事項]

絡が遅くなりました。

毎年恒例となりました、干支繭細工講習会のお知らせです

毎年毎年アイデアが煮詰まってしまっていますが、今年もがんばります。

日時

2016年12月7日(水曜日)

場所:道の駅 八王子滝山 会議室 
時間:10時~ 約3時間ほど 出来上がった方から帰れます
費用:1500円
定員:15人(先着順)

申し込み受付は12月1日より
(八王子広報(12/1号)配布後からとなります)
道の駅八王子滝山まで申し込んで下さい
電話番号:042-696-1201
場所等詳しくは HPhttp://www.michinoeki-hachioji.net/

干支(申)繭細工講習会のお知らせ [連絡事項]

連絡が遅くなりました。

毎年恒例となりました、干支繭細工講習会のお知らせです

毎年毎年アイデアが煮詰まってしまっています。

一昨年の作品「午」
uma03.jpg

2015年12月16日(水曜日)

場所:道の駅 八王子滝山 会議室 
時間:10時~ 約3時間ほど 出来上がった方から帰れます
費用:1500円
定員:15人(先着順)

申し込み受付は12月2日より
(八王子広報(12/1号)配布後からとなります)
道の駅八王子滝山まで申し込んで下さい
電話番号:042-696-1201
場所等詳しくは HPhttp://www.michinoeki-hachioji.net/

市民向け講座の案内(八王子の染織と世界文化遺産・富岡製糸) [連絡事項]

[1]八王子 生涯学習センターで、村野先生が講演される
講座のお手伝いで座繰りを実演することになりました。


村野先生のシルクに関する知識は、聞いていてとても面白いので
興味のある方は是非申し込んで下さいね


講座名:八王子の染織と世界文化遺産・富岡製糸
開催日:2014年12月5日(金)
時間:午前10~午前11時30分
定員:230名
参加費用:200円
申込期限:11月15日


八王子 生涯学習センター
〒192-0082
八王子誌東町5-6
(042-648-2231)

JR八王子駅北口より徒歩2分
東急スクエア内

申込み方法等について
生涯学習センター
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/event/koza/chuokominkan/046227.html


時期が近いので道の駅での催しの案内も紹介しますで

[2]道の駅での催しの案内

■八王子織物キャンペーン
内容 織物・パネルの展示、織物の直売など
日時 2014年10月28日~11月3日
午前9時~午後5時まで

■八王子織物体験
日時 2014年11月1~3日 
午前10時~ 11時30分~ 午後1時30分~ 3時~
(各回約1時間)
費用 無料
申込み 不要、直接会場へ

干支(羊)繭細工講習会おしらせ(2014) [連絡事項]

今年も後3ヶ月となりましたね

毎年恒例となりました、干支繭細工講習会のお知らせです

来年の干支はです
羊は造形が難しくて、アイデアが浮かんで来ません・・・[バッド(下向き矢印)]

昨年の作品「午」
uma03.jpg

2014年12月17日(水曜日)

場所:道の駅 八王子滝山 会議室 
時間:10時~ 約3時間ほど 出来上がった方から帰れます
費用:1500円
定員:15人(先着順)

申し込み受付は12月2日より
(八王子広報(12/1号)配布後からとなります)
道の駅八王子滝山まで申し込んで下さい
電話番号:042-696-1201
場所等詳しくは HPhttp://www.michinoeki-hachioji.net/

昨年の様子http://tetumugi.blog.so-net.ne.jp/2013-12-20

8月繭クラフト体験お休みのお知らせ [連絡事項]

8月1日号の八王子市 広報の
道の駅八王子滝山のイベントの案内で

8月13日繭クラフト体験の案内がありましたが

申し訳ありません、わが家の私事事情で
中止させて頂く事となりました。

もともと、今年はお断りする予定でいたのですが
ファーム滝山さんの連絡確認不足で
広報に掲載してしまい、楽しみにされていた方には
大変申し訳無い事になってしまいました。

年末の繭干支作りは、例年通り計画していますので
是非いらして下さい。

4月の話題(おしらせ) [連絡事項]

HPのアドレスが変更になりました

プロフィールのHP紹介は変更しておきましたので、
ブログから移動されている方は大丈夫ですが
別に登録されている方は、変更お願いします。

八王子長田養蚕 ・・・ http://www.geocities.jp/osadayousan/

今回の変更は、結局・・・
家庭内で、無線LANの使用率が上がってしまい
フレッツ光に戻すことになったというわけです。

HP内容の大幅な変更はほとんど無くてスミマセン・・・

そういえば、富岡製糸場が世界遺産に登録決定しましたね。
めでたい事です。
群馬県の事じゃん!東京には関係ないでは無くて
一般の方が、シルクに目を向けてくれる話題が一つでも増える事は何よりも嬉しい事です。


繭細工講習会 [連絡事項]

12月17日 道の駅 八王子滝山 繭細工講習会無事終了しました。
今年で6回目となります。
CA3K0662.JPG

参加者11名
そのうち昨年も来て下さった方が4名

11名中男性の方が、4名
昨年から、男性の方が増えてきました。
女性の方で、自分の干支だからと来ましたと教えてくださった方もいました。

参加してくださった方本当にありがとうございます。
来年も開催できるように頑張ります。


今年のうまは、ちょっとむずかしかったのか
いつもなら終わる時間になっても帰る方が少なくて

写真の男性陣は、最後まで残って下さっていたのでカメラに残せました。
ありがとうございます。
[バッド(下向き矢印)]

講習中はまずカメラを写している暇が無いので、講習会の様子が残りません

今年は、講習会に参加してくださった方の作品も写せたので、ブログにUPしますね
CA3K0663.JPG

いつも思うのですが
出来た方の作品は、作った方に似ます。

他の方の作品と並べると見劣りしてしまう所も
あるかもしれないのですが

持ち帰って、自宅に自分の作品だけ飾ると
それはそれで、素敵なんですよね。

来年の干支は悩み中です

このキットは近日中に道の駅で販売します。
完成品は年明けかな・・・・
シングルバージョンとペアバージョンを販売しますので
楽しみにしていて下さい。



2014年 純国産 宝絹takaraginu展 [連絡事項]

純国産絹は1%
この貴重な絹文化を守る為に、沢山の方に知って頂きたい・・・ 

先日横浜シルク博物館で
秋特別展 「美しい日本の絹 友禅」を
開催していたので、染め友達と行ってきました。

シルク博物館の所蔵品のすばらしさに感動したのですが
久しぶりのシルク博物館で、館内の展示方法がだいぶ変わったのでびっくりしました。

入り口カウンターに、純国産宝絹展チラシがあったので、頂いてきたのですが
今年の初めに行ってきて、とても貴重な体験を出来たので
是非、沢山の方に行って頂きたいと思いブログにUPさせて頂きました。


2014年 純国産「宝絹」takaraginu展開催のお知らせ

とき 平成26年1月8日(水)12日(日)
10:00~20:00 ※最終日は18:00まで
会場 横浜タカシマヤ8階 催会場
横浜市西区南幸1丁目6番31号
入場 無料
主催 蚕糸絹業提携グループ全国連絡協議会
後援 農林水産業 経済産業省 財団法人大日本蚕糸会 シルク博物館


25年1月に、銀座三越で開催された純国産のイベントが今年も開催されるみたいです。
今年は横浜なので、昨年とはまた趣の変わった物になるかと思います。


昨年体験させて頂いた「真綿作り体験」
kinu01.jpg
関根商店の方と、八王子長田養蚕代表
日頃繭にふれることはあったとしても、
真綿にほとんどふれる事が無いので
おそるおそるやっていました。


展示・セミナー・実演型ワークショップ・参加型ワークショップあります
詳しくは下記ホームページ
宝絹takarakinu展示
または
TEL03-5642-6527 蚕糸・絹業提携グループ全国連絡協議会事務局

興味のある方は是非足を運んで見て下さい

同時期伊勢丹の方でもあるみたいです。

ブログまとめました [連絡事項]

taki01.jpg

大人の諸事情でブログまとめました。
(投稿された画像の管理をしっかりしておかないと、と、最近ふと考えまして)



写真は八王子のゆるキャラ「たき坊」です。

息子の通っている小学校でのハロウィンイベントに
サプライズゲストとして来てくれました。

このハロウィンバージョン衣装は、とってもレアらしいです。

イベント後に、体育館で踊りの練習をしていました。

「たき坊」が修行している少林寺さんは、わが家と同じ加住地区だったりするので
私ももささやかながら応援隊の一人です。

只今、ゆるキャラグランプリ2013投票受付中なので是非!!
「たき坊」に清き一票してあげて下さいね♪
http://takibou.jp/top.html

東京シルク展来場ありがとうございました。 [連絡事項]

しばらくご無沙汰していました、申し訳ないです

落ち着くまでもう少しかかりそうなので
もうしばらく、HPの更新が滞るかもしれないです。


先週 10月25日~27日まで、東京農工大学科学博物館で

2年に1度開催の東京シルク展がありました。

週末台風到来という、大変危険な状態で
2日目の午後、講演があり

我が家の代表が、パネラーとして参加しました。


博物館の都合で、
延長一切なしという、大変厳しい状況の中で

代表の前後のパネラーの方の発表が持ち時間を、
軽くオーバーしているのを、真横で聞いていて大変ハラハラしていたらしく
自宅に帰ってから、余計な気疲れでぐったりしてしまっていました。


さてさて

会場にいた方数人の方からは
面白かったと言って頂けました
(ありがとうございます。)


自宅に帰ってから
「俺、(今回のパネルディスカッション)主旨に関する話、全くしなかったな・・・・」
と、ぽつりとつぶやいてしました。

15分という持ち時間で、うちを説明したら時間が終わってしまった様な状態で

養蚕の苦労も工夫も展望も、今後の目標一切なし


二人で顔を合わせて、苦笑してしまいました。



次回機会があれば、もう少しちゃんとした話をしたいとの事


会場にいらした方で、疑問・質問があれば是非連絡いただけたら幸いです


何はともあれ


今後もよろしくお願いいたします。
前の10件 | - 連絡事項 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。