So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Twitterまとめ投稿 2016/11/16


干支繭「酉」講習会のお知らせ [連絡事項]

絡が遅くなりました。

毎年恒例となりました、干支繭細工講習会のお知らせです

毎年毎年アイデアが煮詰まってしまっていますが、今年もがんばります。

日時

2016年12月7日(水曜日)

場所:道の駅 八王子滝山 会議室 
時間:10時~ 約3時間ほど 出来上がった方から帰れます
費用:1500円
定員:15人(先着順)

申し込み受付は12月1日より
(八王子広報(12/1号)配布後からとなります)
道の駅八王子滝山まで申し込んで下さい
電話番号:042-696-1201
場所等詳しくは HPhttp://www.michinoeki-hachioji.net/

Twitterまとめ投稿 2015/12/02


干支(申)繭細工講習会のお知らせ [連絡事項]

連絡が遅くなりました。

毎年恒例となりました、干支繭細工講習会のお知らせです

毎年毎年アイデアが煮詰まってしまっています。

一昨年の作品「午」
uma03.jpg

2015年12月16日(水曜日)

場所:道の駅 八王子滝山 会議室 
時間:10時~ 約3時間ほど 出来上がった方から帰れます
費用:1500円
定員:15人(先着順)

申し込み受付は12月2日より
(八王子広報(12/1号)配布後からとなります)
道の駅八王子滝山まで申し込んで下さい
電話番号:042-696-1201
場所等詳しくは HPhttp://www.michinoeki-hachioji.net/

蚕の飼育 [学習支援]

ブログの更新がカメ以下でスミマセン<(_ _)>
(写真をUpするとさらに時間が掛かってしまうので、文章だらけです)

春蚕の出荷が17日で無事終わり
農協の方2名と多摩シルクライフの方3名で選検し
約50kgの繭が群馬県にある碓氷製糸に送られました。
(きっとそうだと思います・・・・・)


自宅で道の駅分を冷凍し、一部友人宅に届けました。
友人のブログを見た方から、繭が欲しいと問い合わせがありましたが、
今、主人一人で養蚕を頑張ってくれているので
生産数を増やせないので、お断りしてしまいました。


話戻って

蚕を移動する日が6/7にありました
(この地域では、「ひきひろい」と言います)
蚕はほぼ予定通りに飼育出来る生き物なので
おおどまり(5齢時の眠)が過ぎると
繭を作りはじめる日がほぼ決まります

この日はお手伝いさんをお願いするので
予定を聞いたところ 4人来てくれたのですが

今年は、昨年よりは気候的には良かったのですが
おおどまり後、暑い日が続いた影響か
前日のに6/6、朝の時点では
まだ大丈夫そうだったのですが
その日、午前中から暑くなったとたんに
一斉に繭を作りたい状態になり
ほぼ8割近くを主人と2人で移動しました。

養蚕は、1ヶ月体を酷使する仕事なので
ひきひろい頃は、疲れがピークに達した所に
予定が狂い主人の機嫌は大変悪く

明日は人が来てくれる
とりあえずここだけは・・・ここだけは・・・・
翌日半端な状態で放置した後を綺麗に片付けてくれた
お手伝いさん達に癒やされた1日でした。



お手伝いさんも来れる方が来てくれるので
今年はお手伝いさん達での中で面白い出会いがありました。


息子達が保育園でお世話になった元保育士さんが
小学生に米の学習支援をしている方の地域に昔住んでいて
その方のお子さんが、昔その方の所の田んぼに行ってお世話になったとか

蚕がもとで知り合いになって、今一緒に学習支援をしている方と
うちに取材に来たのがきっかけで、おつきあいが続いている方とが同郷だったと

世間は本当に狭いな~と感じました。


お米の学習支援が、今年で30年過ぎたと聞き
わが家の学習支援がたかが12年な事に
まだまだ、先が長いと思いました。

春蚕無事終わってほっとした所です。




干支繭講習会 (未) [繭細工]

hituji02.jpg

新年明けましておめでとうございます。

昨年 12月17日に開催した
道の駅恒例の繭細工の講習会も無事終了しました。

6名の方が参加してくれました。

初参加の方もいて
苦戦していましたが
かわいい作品を仕上げて帰って頂けました。

いつも来て下さる常連さんも含め
参加ありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]


また、地元ケーブルテレビの取材があり
同日の夕方、その様子を放送して頂きました。

カメラマンさんが講習会が始まって各自作業が始まってからいらしたのですが
皆さんとても集中されていて雑談をする余裕も無く
作業風景もほとんど変わる事が無い状態でしたので
とても暇そうでした(苦笑)


講習会で使用した物と同じキットを
道の駅 八王子滝山にて販売しています。
(取説 材料込み 税込み1300円)
店頭に置いた物が売り切れたら販売終了となりますので
興味のあるか方はお早めに[ハートたち(複数ハート)]

今年もペアの完成品の販売はしない予定でいます。
(<(_ _)>すみません 手間が大変かかるので)
シングルバージョンはがんばります。
(近々販売予定 出来たらまたお知らせします)

よく質問があるのですが、
原型デザインはすべて私が考えています。
中身の繭の染色、取説もすべて私が一人で行っています

そのため

毎年苦労して作っていますので
キットを複製したり、完成品を作って販売するのは、
絶対に止めていただけますか(すみません)
(個人で楽しむ分は、どうぞ[手(グー)]
私も他の方の作品を参考にする事はよくありますので)

今年もよろしくお願いいたします。

講演のお手伝い終わって [学習支援]

12/5 村野先生の講演のお手伝いに行ってきて無事終わりました。

申込み130人に対して当日の来場者が117人
担当の方が、天気も良かったので、欠席する方が少なかったと言っていました。

会場内は撮影禁止でしたので、画像が無くてすみません<(_ _)>


私の応援は、講演の合間の休憩時間20分だったのですが
トイレ休憩だったにもかかわらず
私の周りに沢山の方が集まって頂いてもらえました。
中には熱心な男性の方が沢山質問してくれました。


どんどん来る質問に答えていたら
座繰り器を回している時間は無くなってしまい
(座繰り器を動かす音が邪魔になってしまうので)

質問もちゃんと答えられていたか・・・・
あたふたしているうちに終わってしまいました。


会場には、私以上に座繰りのスペシャリストの方がいらしていたり
染めや織りのスペシャリストの方が大勢来場していたそうで
お話したかったな~と思いました。

私のブログを見てきてくれた
友人2人にも厚く御礼申し上げます。
いつもいつもありがとうございます。

後日、担当の方から
実演は好評で
アンケートの中に
実演時間をもっと時間を欲しかったと書いてあったそうで
また機会がありましたらと言って頂けました。

貴重な時間をありがとうございます。

次は今週水曜日の繭クラフト講習会頑張ります

1粒での糸繰り [学習支援]

11月は展覧会なので
春に育てたカイコが作った繭で作品を作って飾りたいので
手伝って欲しいという依頼がたまに来ます。

どの学校も、どうしても時期的に同じ時期になりやすく
しかも曜日や時間も重なってしまうため
依頼が来ても、実際に応援に入れるのは数校だけになってしまうため
昨年断った弐分方小学校から今年は早くから依頼が来たので
2人で応援に行ってきました。


担任の先生から
自分で育てた繭で糸繰りと繭クラフト作りしたいとの事で
飼育数が5頭でしたので
1個もしくは2個は糸繰り
残りを繭クラフトにする事となり

糸繰り準備を一人ずつ別々にしなければならない為
今まで試した事が無かった方法でしたので
戸惑っていましたら
(いつもはお湯の温度を2種類用意する方法で糸だししています)

昨年カップ麺の容器に繭を入れて
熱湯をかけて割り箸でつつくと糸が取りだして行ったそうなので
同じ方法で行う事になりました。

mayu01.jpg

試しに自宅で、まるちゃんを食べて貰い
秋繭を入れて熱湯を注いでみたら
簡単に糸を取り出せたのでびっくり!

他の学校に応援に入る事によって
発見することってよくありますね。

1粒糸繰りのポイントは
沸かしたての熱い湯を注ぐこと
割り箸で繭全体が湯に浸かるようによく動かす事
糸が出る様になっても、繭から出る糸が1本になっても
落ち着くまでしばらく巻き上げる事
糸が切れたら、使い古しの歯ブラシで、繭表面をこすると
また糸が取り出せます。

子ども達の繭は様々で
今年は極端に小さい繭は無かったのですが

全滅させた子
中で蛹にならずに幼虫のまま黒くなっている繭
繭をちゃんとした場所で作らせなかったので、
一部が堅くなってしまって、糸がすぐ切れてしまう繭など、
糸繰りの体験が出来ない子が数人いました。

自分の繭がない子は
2組の担任の先生が予備を持っていたので
あやまった後、しっかり叱られてから繭をもらい

頂いた繭だから、宿題で持って帰り
蛹が出るまでやって来ることとなりました。
授業が終わった後も、各自貰った人にお礼を言わせることにしました

これは良いことだと思いました。

謝ること
叱られること
最後まで責任を持つこと
お礼をいう事

今回の応援は学ぶ事が多くありました。

弐分方小の先生方おつかれさまでした。
3学期の発表会楽しみにしています。

八王子ブランド [養蚕]

sereo01.jpg

セレオ八王子北館 7階 セレオスクエアで
八王子織物工業組合×多摩美術大学
2014年度産学共同研究

多摩美術大学PBL科目
NEXT八王子織物プロジェクト
~ネックウエアの制作と展示~成果発表展

大学生と織物組合さんとのコラボ企画の展示が
行われていたので、先週金曜日息子と3人で
見学して来ました。

同館2階で開催されていた八王子物産展は
JR連絡通路脇で、買い物された方は多いと思いますが

展示されていた7階は、ベビーフロアということもあり
見学したのが初日の昼頃でしたが、
お客は私たちだけだったのがとても残念でした[バッド(下向き矢印)]

わが家もどうして見に行ったかというと

秋蚕の最中に 突然織物組合の岡本さんが
写真が必要になったと言って

ひげ面の上に額に手ぬぐいを巻いた
すごい格好を撮影したうちの代表を
撮影していった時

10月17日から駅前で展示があるので
見に来て下さいと言われていたのを思い出して

このすごい姿の写真を、どうゆうふうに使われたのか
知りたくてわざわざ見に行ったのですが
(実は会場をちゃんと聞いていなくて、駅前と織物組合を往復する事態に・・・)

写真は予想していた以上には悲惨な事になっていなくて
ほっとしました。

会場内は、若い女の子の感性で作られたネクタイに
各自テーマを作って制作した
ストールや小物
会場内で沢山飾られていた、若い女子大学生のネクタイ姿の
ポスターには、ちょっと驚きましたが
これは変だと思う前に、「こうゆうのもあり」という目で見ることも大切と思いました

男性の方が、着物の帯のようにネクタイを
変わり結びする時代が来ると面白いのですが

どうしても、ネクタイを変わり結びして頭に巻くと
酔っ払いの一芸前のアイテムになってしまいますので[わーい(嬉しい顔)]
一般サラリーマンさんの胸元も、もっとおしゃれになってくれると良いですね。


むさい顔写真は、東京オリンピックに向けて
八王子織物組合もオリンピック衣装に参入しようとプレゼン中なんですが
その説明文の下の方に、絹にたずさわる職人さんと一緒に
顔写真が並んで紹介されていました。


来月11/5.6にt東京国際フォーラムにて開催される
Premium Textile Japan2015 A/W,JFW ジャパン・クリエーション2015
http://www.japancreation.com/program.html
今回よりも商品点数を増やして紹介するそうです

私は、5.6日は学習支援が入っていて無理そうです
興味のある方は是非!

注意!セレオでの展示は昨日で(24日)終わってしまっています

Twitterまとめ投稿 2014/10/15


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。