So-net無料ブログ作成
検索選択

蚕の飼育 [学習支援]

ブログの更新がカメ以下でスミマセン<(_ _)>
写真をUpするとさらに時間が掛かってしまうので、文章だらけです)

春蚕の出荷が17日で無事終わり
農協の方2名と多摩シルクライフの方3名で選検し
約50kgの繭が群馬県にある碓氷製糸に送られました。
(きっとそうだと思います・・・・・)


自宅で道の駅分を冷凍し、一部友人宅に届けました。
友人のブログを見た方から、繭が欲しいと問い合わせがありましたが、
今、主人一人で養蚕を頑張ってくれているので
生産数を増やせないので、お断りしてしまいました。


話戻って

蚕を移動する日が6/7にありました
(この地域では、「ひきひろい」と言います)
蚕はほぼ予定通りに飼育出来る生き物なので
おおどまり(5齢時の眠)が過ぎると
繭を作りはじめる日がほぼ決まります

この日はお手伝いさんをお願いするので
予定を聞いたところ 4人来てくれたのですが

今年は、昨年よりは気候的には良かったのですが
おおどまり後、暑い日が続いた影響か
前日のに6/6、朝の時点では
まだ大丈夫そうだったのですが
その日、午前中から暑くなったとたんに
一斉に繭を作りたい状態になり
ほぼ8割近くを主人と2人で移動しました。

養蚕は、1ヶ月体を酷使する仕事なので
ひきひろい頃は、疲れがピークに達した所に
予定が狂い主人の機嫌は大変悪く

明日は人が来てくれる
とりあえずここだけは・・・ここだけは・・・・
翌日半端な状態で放置した後を綺麗に片付けてくれた
お手伝いさん達に癒やされた1日でした。



お手伝いさんも来れる方が来てくれるので
今年はお手伝いさん達での中で面白い出会いがありました。


息子達が保育園でお世話になった元保育士さんが
小学生に米の学習支援をしている方の地域に昔住んでいて
その方のお子さんが、昔その方の所の田んぼに行ってお世話になったとか

蚕がもとで知り合いになって、今一緒に学習支援をしている方と
うちに取材に来たのがきっかけで、おつきあいが続いている方とが同郷だったと

世間は本当に狭いな~と感じました。


お米の学習支援が、今年で30年過ぎたと聞き
わが家の学習支援がたかが12年な事に
まだまだ、先が長いと思いました。

春蚕無事終わってほっとした所です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。